神すぎてヤバイ!催眠オナニーできる音声

色んな催眠音声で催眠オナニーにトライしていましたが、これでドライオーガズムが達成しました!

神すぎる催眠音声を聴いてみる

今から始める催眠オナニー。今すぐ同人音声を聴いてオーガニズムを体感できる方法。

催眠音声・催眠オナニーについて

性別を問わずに大抵の方は、オナニーをした事があるでしょう。けれども、催眠オナニーをした経験がある方は、少ないのではないでしょうか。

催眠オナニーとは、音声を聞きながら催眠状態に入り声優の声に導かれながら、オーガズムに到達するオナニー法です。上手く催眠に入れたら、今までに味わった事のないような快感を味わえます、

まだマイナーな方法ですが、一部の方達には評判が良く徐々にコアなファンが増えていっています。そこで、催眠オナニーの概要やメリットとデメリット、方法についてお伝えしていきます。

初めての催眠オナニー

催眠オナニーを初めてやる際には、分からない事だらけです。けれども、これから紹介する催眠オナニーのやり方や概要を読んでいけば出来るようになります。

催眠オナニーの楽しみ方

催眠オナニーは、しっかりと音声の支持に従い、自分の好きな声で聴くことが一番の楽しみ方です。また、催眠オナニーについてしっかりと基礎知識を深める事で、一層催眠オナニーを楽しめます。

全体の流れ

まず、スマホと音声を用意し、リラックスができる環境を整えます。その後、音声に従い催眠オナニーが終わったら、覚醒音声を聴いて一連を終えます。

催眠オナニーの手順

準備するもの

必ず準備しなければいけないものは、催眠音声が入っている音楽プレイヤーです。ここで準備する音楽プレイヤーは、スマホが一番無難でしょう。

それと、催眠音声と補助音声を準備する必要があります。催眠音声と補助音声をスマホで聞くための、イヤホンかヘッドフォンも準備しましょう。おすすめは、ヘッドフォンです。なぜなら、ヘッドフォンの音はイヤホンの音よりも良く、外の音なども打ち消してくれるため、催眠状態に入りやすいからです。

催眠オナニー開始

準備が終わりましたら、早速催眠オナニーにとりかかりましょう。けれども、催眠オナニーをする際には音声が必要ですし、注意点がありますで、ここでしっかり確認しておきましょう。

補助音声をダウンロードする

最初に催眠音声を聴く前の補助音声を、ダウンロードしましょう。この補助音声を聞けば体の緊張がなくなり、リラックスした状態になれます。

基本的に有料ですが、安い値段でダウンロードできますので、補助音声のダウンロードを検討してみてください。

催眠音声をダウンロードする

催眠音声は、無料でも有料でもたくさんありますので、色々聞いたりダウンロードしてみたりして自分が好きな物を選べば良いでしょう。

男性と女性の声と別々にあるため、男性なら女性の声、女性なら男性の声を選ぶのが無難。けれども、両性向けの催眠音声もあるので、そちらも1回は聞いてみてはいかがでしょうか。

催眠補助音声を再生する

催眠オナニーをするときになったら催眠補助音声を再生していきましょう。催眠オナニーは、リラックスが必要ですので、必ず聞いてください。催眠音声の効果を最大限にあげてくれる代物です。

催眠補助音声の注意点

催眠補助音声を聴く際には、ちょっとした注意点があります。

片鼻呼吸をマスターする

片鼻呼吸をマスターすると、催眠オナニーがはかどります。片方の鼻を抑えて息をする呼吸法です。

無理をしない

きつかったり、体に負担がかかる場合は、すぐに中止してください。途中で四つんばいになりますが、自分の体重に支えられない場合は、楽な姿勢にしたり、休憩しましょう。

あまり経験した事のない精神状態に入るため、具合が悪くなった場合の無理は厳禁。

姿勢の説明

音声の途中で姿勢を指示されますが、意味がわかりにくい箇所があるため、そちらをここで少し解説します。

安座

最初にあぐらになり、音声を聴いていきます。腰辺りが後ろに曲がらないように、背中がピンとまっすぐになるようにするのがポイント。

両手を組んで頭の後ろに
そして両手を組んで頭の後ろに移動させた状態。

四つん這い
体を仰向けにし、膝と手を地面に伏せた状態。イメージは、組み体操のピラミッドの一番下の人たちです。
もし体勢がきついなら、肘をつくと楽になれます。

催眠オナニーの注意点

認識能力の低下

催眠オナニーをしていく内に、催眠状態になります。この状態のまま移動するのは、危険です。なぜなら、周りの様子を認識する能力が極端に低下するため。

車の運転や、肉体作業なども事故が発生するため厳禁です。

催眠オナニーの後は、催眠解除

催眠オナニーが終わってら覚醒音声を聞きましょう。また、眠ってしまうのも一つの手です。催眠解除をしないまま何か作業するのは、ミスが発生したり危険な事もあるため、辞めましょう。

1日1回
催眠オナニーは、多くても1日に1回にしましょう。ハマりすぎると倦怠感や集中力が低下するなどの事例もあるからです。

催眠オナニーを成功させるコツ

ここまで、催眠オナニーの準備とやり方をご紹介してきましたが、次は催眠オナニーを成功させるためのコツをご紹介していきます。

たっぷりの時間

音声を聞いて行う催眠オナニーは、どうしても普通のオナニーよりも時間がかかります。音声自体は30分程度ですが、催眠導入と解除はそれぞれ10分以上時間がかかります。

そのため、催眠オナニーをやる際は、時間に余裕あるとが必須条件です。少なくとも1時間半以上時間をとりましょう。

時間が短いと、焦りが生じますので音声を聞いていても催眠にかかりにくいため、おすすめできません。

つまり、時間に余裕がある時におすすめのオナニー法なのです。

お風呂に入る

催眠オナニーは、リラックス出来る環境がとても大切。お風呂に入ると人間はリラックスができるため、1日の疲れをお風呂でとった後に催眠オナニーをするととてもはかどります。

暗い部屋で行う

催眠オナニーは、暗い部屋でするのをおすすめします。寝るときと同じ暗さにすると良いでしょう。そのまま朝まで眠っても問題ないという状態にすると、催眠にかかりやすくなります。

また、これをお風呂あがりにするとなお一層効果的です。この時に携帯は電源を切るか、音が出ない状態にしましょう。なぜなら、途中で音が発生して催眠への集中が途切れるとうまく催眠状態には入れません。

携帯以外にも何か音が発生しそうなものは、音がでないようシャットダウンしておきましょう。

催眠オナニーのメリット・デメリット

何事も同じですが、催眠オナニーにもメリットとデメリットがあります。メリットとデメリットを両方知る事により、催眠オナニーに対する理解が深まります。そのため、ここでしっかりと確認しておきましょう。

催眠オナニーのメリット

普通のオナニーよりも強い快感が得られる
催眠オナニーの最大のメリットは、普通のオナニーよりも圧倒的に強い快感を得られることです。女性は、男性よりも圧倒的に気持ちいい快感を得られるといいますが、催眠オナニーを男性が行うと女性の会感と同じような快感を得られます。

手や道具を使う必要がない

オナニーをする際は、どうしても手や道具を使う必要があります。手の場合だと意外に手が疲れますし、道具を使うとなると、購入費が必要になりこれの値段が高かったりします。

けれども催眠オナニーでは、手や道具を使う必要がなく音声のみでイケますので、楽にオナニーができます。

他の人にバレにくい

部屋でオナニーをしていると、急遽部屋に親や彼女が入ってきてオナニーがバレてしまう事が結構あります。

けれども、イヤホンをつけたまま行えば騒音や振動も起こさずにオナニーができるため、他人に見られてもオナニーをしているとバレません。

そのため、急遽部屋に親や彼女が入ってきても恥ずかしい思いをしないで済むようになります。

後片付けが必要ない

手でオナニーをするとティッシュが必要になりますし、道具を使うとなるとオナニーが終わった後に念入りに洗って外に干す必要があるため、面倒です。

けれども催眠オナニーは、射精をせず、ペニスに触れずにイケるので普通のオナニーとは異なり後片付けが必要ありません。ただ、音声だけがあれば良いのです。

催眠オナニーのデメリット

時間がかかる

催眠オナニー最大のデメリットは、時間がかかってしまうことです。催眠音声は基本的にプレイ本編に入る前に、催眠にかかりやすくするための「催眠導入パート」が用意されています。

具体的なパートは、以下のようなものです。

催眠導入パート
プレイパート
催眠解除パート

そのため、催眠オナニーをするためには、ある程度まとまった時間が必要です。具体的な時間は、1時間半以上です。

短い時間での催眠オナニーは、不可能ではありませんが、催眠にかかりにくかったりイキにくいため、オススメできません。

静かな環境が必要

催眠状態に入るためには、静かな環境が必要不可欠です。うるさい場所では、催眠状態に入るのはとても困難です。そのため、自宅など場所による制限があります。

一般のオナニーでは、ひと目がつかない所だと出来ますので、比較的に場所による制限はありません。ですが、催眠オナニーでは、そうはいかないためどこでも催眠オナニーができません。

普通のセックスでイケなくなる

快感が強すぎて慣れていまい、普通のオナニーやセックスでイケなくなる場合が珍しくありません。そのため、催眠オナニーを頻繁にやりすぎるのは、あまりおすすめできません。

特にセックスパートナーがいる場合は、普通のセックスでイケなくなると楽しめなくなるため、気をつけた方が良いでしょう。

幻覚が聞こえる場合がある

中毒症状の一つに、布団に入ると音声を聞こえなくても音声が聞こえてくる幻覚が聞こえてくる人がいます。そのような場合になると、危険症状のため頻度を減らすかやめましょう。

あまりにもひどい場合は、病院に行くことをおすすめします。

はまりすぎて他のことがないがしろになる

ただでさえ催眠オナニーは時間がかかるのに、ハマりすぎて仕事などやらなければならないことを放棄して、催眠オナニーばかりやってしまうことがあります。

催眠オナニーよりも仕事や学校などが大切なため、他の事をないがしろにするほどはまり過ぎないように気をつけなければなりません。

おすすめ催眠音声

催眠音声の中でもおすすめをいくつかご紹介していきます。何を選べば良いか迷っている方は特に参考にしてみてください。

優しく可愛い声とバイノーラル録音に癒やされます。また、現在人気急上昇中の無料催眠音声です。

無料音声

WorkHolic(社畜催眠)

新入社員になって、先輩女社員に催眠をかけられてしまうという、設定の無料で聴ける催眠音声です。

有料音声

ドスケベお姉ちゃんのイタズラ催眠

設定は、お姉ちゃんに催眠術でエッチなイタズラをされてしまうというものです。エッチなイタズラをしている内にお姉ちゃんもどんどんその気になっていってしまいます。

そんなエロエロなシチュエーションを体験したい方には、おすすめの催眠音声です。

脳イキ!色んなオナニーを楽しむ

催眠状態に入って生殖器を刺激していけば、とても気持ちの良い快感を得られます。脳イキをするためには、頭の中でエッチな妄想を繰り広げていく事も非常に重要です。したがって、妄想力や想像力が豊かな人が向いています。そのため、女性の方が向いているイキ方と言っても良いでしょう。

ドライオーガズムの次はメスイキ

ドライオーガズムは、知っている人が結構いますが、メスイキはまり認知度が高くありません。
ドライオーガズムは、メスイキと似ていますが、少し違います。それでは、具体的にどう違うのかや、メスイキの方法とコツについてお伝えしていきます。

ドライオーガズムとメスイキの違い

ドライオーガズムとメスイキは、どちらも射精を伴わない絶頂という点では同じです。ドライオーガズムは、男性的なオーガズム、メスイキは女性的なオーガズムです。

男性にも女性的なオーガズムはあるのでしょうか。実は、男性にも女性的なオーガズムはあり、ドライオーガズムよりも気持ち良い快感を得られます。

メスイキの方法とコツ

メスイキをするためには、乳首を開発するのが一番効果的です。乳首を開発する方法は、乳首にスポバンを貼り付ける方法です。

1日中性開発が行われますし、効果もすぐ出て効果性が高いためです。

けれども、メスイキをするためには最低半年の期間が必要です。そのため、長い時間を必要とします。つまりメスイキができるようになるためには、長い期間が必要なのです。

まとめ

催眠オナニーは、まだ知名度が低いオナニー法ですが、徐々に人気が出ているオナニー法です。催眠状態に入って、脳イキやメスイキを経験してみるのも良いでしょう。

もし、催眠オナニーについて興味が出た方は、一度試してみてはいかがでしょうか。